スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンゲア食堂EXCLUSIVE



僕がグラフィティ・アートに惹かれるのは、そこに不穏なざわめきを感じるからです。
ありきたりな景観の中に突如として立ちはだかる異物感とでも表現すれば良いでしょうか?
自分が立っているこの場所で、憂い気なアウトサイダーがスプレー缶を手に佇んでいた。
そんなことを想像しただけで心が波立つと言うか、背筋がゾクゾクしてくるんです。
それは数時間前の出来事かも知れないし、あるいは数年前なのかも知れない。
時間の堆積は公共物の表面に刻み込まれているのでしょうけど、確かなことは解かりません。
ただ、そこに「絵」があることによって、確実に街が歪んでしまっている。
歪みは、また別の歪みへと繋がる暗黙のバイパスのようなものだと、僕は認識しています。
アートは真実への片道切符を無条件で差し出してくれる。足を踏み入れるか否かは自分次第ですが。

questaoさんが運営しておられるパンゲア食堂のエクスクルーシヴ・ギャラリー「ギャラリー5603」を
鑑賞していたときにも、同様の感覚に囚われました。背筋がゾクゾクするこの感じ・・・。
しばらくの間、僕は一枚の絵の前から動くことができなくなりました。
ゲットーの町角に刻印されたかのような音楽家の残像は、こちらに対して強烈な共振を求めてくる。
音楽家の背後には、ノルウェー語やアラビア語で書かれた様々なメッセージが漂っています。
それはフラッシュバックする音楽家の略歴なのか、それとも自分に対する何らかの警告なのか?
この絵が、自分にとって途轍もなく意味のあるもののように思えてなりませんでした。
その衝動は抑えることが不可能な状態であり、無謀にも僕は店主に交渉を持ちかけてしまったのです。

そして、幾日かの時を経て、その作品「Live in Oslo」は僕の手元へと届けられたのです。
実際に手にしてみると、絵の中に内包されているグルーヴ感が直接的に伝わってきて、
音楽家は何も歌ってはいないのに、我が家に強靭なビートやうねりを与えてくれた。
これが店主questaoさん仰るところの「時間芸術」というものなのでしょう。
いま流れている時間だけが、すべてではないと言うことですね。
このとき僕は、店主と作品に対して深い深い縁を感じずにはおられませんでした。

妻にはシュールな「イノシュシ」を贈呈してくださった店主。
questaoさん、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

…こ、こんばんはぁ~

…こ、こんばんは。(←Oslo Oslo いや、恐る恐る)
僕の絵を元に、このような独特の情景を喚起させられる記事が出来てしまうのですね。
そして、繁盛亭アルバイテンさんが「Live in Oslo」に共振/共鳴して下さった経緯を
ここに知り、とても嬉しく、誇らしく思いました。

自らが半分無意識というか鼻唄交じりの状態で描いているうちに立ち現れたこの音楽家だというのに、
いったい繁盛亭アルバイテンさんになにを警告してしまったのでしょうか?
気になります(笑)。そして、ドキドキします。
しかし、仰るようにアート、とくに絵や音楽というのは「暗黙のバイパス」として機能すべきだと
常々感じます。創作者の作為的な想念やら屁理屈など知ったことか、鑑賞者はそのようにして
作品に触れていいということです。
入り口と出口でおんなじ風景が見えたって、ちっとも面白くないですからね。
そういう何か混沌としたブラックホールのような「装置」として在る、「和み」や「癒し」以外に働きかける絵があってもいいと思っています。でも、お部屋に飾っていただけるのにブラックホールじゃ滅入ってきますね(笑)。

アルバイテンさんにとってこの絵が何かしらの思索の素、イメージ・ソース、暇つぶしとしてお役に立てるのなら、これは本当に光栄だと感じます。
このような素敵な額装までしていただき、ありがとうございます。
自分の絵はめったに飾ることもしないし、飾ったとしてもブスッと画ビョウ一差しなばかりなので、この光景はなかなかレアですね。

機会があれば、アルバイテンさんの文章になにか絵を添えてみたい、図々しくもそう思いました。
この度はほんとうにありがとうございました。
シュールなご趣味の奥さまにもよろしくお伝え下さい。
(…長々とごめんなさい)

No title

questaoさん、こんばんはー。

こちらこそ勝手なことを書いてしまって恐縮の限りです。
でも、すべて素直な気持ちなんです。
こういう出会いってそうそうあるものでもないですし、すごく感動しました。
questaoさんの仰るように、入り口と出口で異なる風景を見せてくれる作品に、深い感銘を覚えます。
僕の中でブラックホール的なものはすごく重要で、今回のquestaoさんの作品からも本当にたくさんの刺激を貰いました。大いなる思索の素になりそうです。

実は僕も自分の小説にquestaoさんの絵を添えていただきたいなぁ、と図々しくも思っていました(笑)。
いまは装丁デザインも夫婦でやっていたり(慣れないイラストレーターを使って)、
本自体の作りもあまりに貧乏臭いというか荒削りなので、今後は更なるクオリティの向上を目指します。
いま執筆途中の作品があるのですが、そいつが完成したら、改めてquestaoさんに依頼させてください。そのときは、どうか、よろしくお願い致します。
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。