スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー産・創作懐石音楽



行きつけの料亭の若女将、ポーイーセン。
まるでミャンマー文字のように丸々としたルックスが愛らしい。

こちらでは、異郷の地ミャンマーで収穫された新鮮な食材を味わうことができる。
とりあえずビール、ではなく、サイン・ワインで乾杯が基本中の基本。
続いてミャンマー・タンズィンの演歌和えと、カントリー炒めがテーブルを彩ってくれる。
メインディッシュはディストーション・ギター入りのラウド・ロック煮込み。
独自の音階と味付けの妙に、毎度の事ながら舌鼓が止まらない。
ポーイーセン女将の独創的な手料理と、優しいおもてなしに、とことんまで酔い痴れよう。
ありきたりなレシピ(音)では満足を得られなくなってしまった私の舌と心(下心)を、
女将はあの手この手で癒してくれる。次第に意識は朦朧となり・・・。

閉店間際の店内にはポーイーセン女将と私のふたりだけ。神の恩恵? それとも悪戯か?
私は遂に意を決し、女将のふくよかな二の腕をギュッと掴んだ。
「女将さん、今夜は帰りとうないんや。あんたに惚れてしもうた」
女将の白い肌が、仄かに朱色に染まるのを見逃さなかった。
潤んだ瞳をこちらに向けて、女将はゆっくりとこう呟いた。
「おおきに・・・」

Poe Ei San / War So Moe Nae Pyan Kae Par
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。