スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜を濡らすアモーレの鐘



一糸まとわぬ褐色の美女がソファに抱かれていたら、貴方なら、どうしますか?

1.自分の上着をそっと掛けてやり、その後、夜のネオン街に姿を暗ませる。
2.彼女の指先に宿るタバコにそっと火を灯し、その後、夜のネオン街に姿を暗ませる。
3.彼女の隣にそっと腰を下ろし、アコースティック・ギターを爪弾きながら想いを歌に託す。

さて、どうでしょう? 1,2を選択した貴方は立派なスケコマシ。
そして、3を選択した貴方は夢見がちな吟遊詩人。それとも、もしやテリー・キャリアーなのか?

テリー・キャリアー。70年代初頭にフォークとジャズを美しくブレンドした黄昏のSSW。
彼の爪弾くアコギからは息遣い、いや、甘い吐息までもが聴こえてくるかのようだ。
淡々と物語を奏でるメロウな歌声は、リスナーをただひとりのヒロインとして迎え入れる。
それぞれの音の微粒子が深く身体に染み込んだならば、当の女性に、もはや為す術はない。
そんなテリーを陰ながら支えているのがストリングスの魔術師チャールズ・ステップニー。
彼の心憎い演出が、今宵、ふたりを扉の向こうへと誘うだろう。

ラスト「You Don't Care」のイントロが爪弾かれる頃には、ふたりの間に言葉はいらない。
淫らで刹那的な夜に溶け込むだけである。扉は開き、鐘が打ち鳴らされた。
そして身も心もひとつとなった男女は、あたたかい毛布に包まれながら、こう囁くであろう。
「朝よ、こないで・・・」と。

TERRY CALLIER / What Color Is Love
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。