スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぎの夜へ

godot.jpg

2010年最後の更新になります。ラストを飾ってもらうのは、この2冊しかないと思っていました。
20世紀最大の傑作、サミュエル・ベケットの『モロイ』と『ゴドーを待ちながら』です。
僕のこれまでの人生に於いて、最も重要な2冊であり、生涯かけて追いかけることになるであろう作品。
詳細には立ち入りません。なぜならベケットの言葉を読むことでしか、本書の魅力は伝わらないからです。
さっそく本文からの引用を読んでいただき、溜飲を下げていただきましょう。まずは『モロイ』から。
モロイが海岸で拾った16個の石を、重複することなくしゃぶろうとして、四苦八苦するシーンです。

そこでぼくは別の方法を探しはじめた。まず手はじめに、一つずつの代わりに、四つずつ動かしたほうが
いいではないかと考えた、つまり吸っているあいだに、外套の右ポケットに残っている三個の石を手に取って、
その代わりにズボンの右ポケットの四個を入れ、またその代わりにズボンの左ポケットの四個を入れ、
またその代わりに外套の左ポケットの四個を入れ、そして最後にその代わりに外套の右ポケットの三個と、
吸い終わってまだ口のなかにある一個とを入れるのである。

このような試みが、改行も無しに、永遠と続きます。戸惑いを隠せない方も、いらっしゃるでしょう?
これらの表現に何の意味があるのか? 何かの比喩なのか? そもそも何が面白いのか?
しかし、このシーン、この描写が、ベケットと言葉の関係を如実に物語っているのです。
常に神の視点に立って、物語をコントロールすることばかりが、作家の仕事ではありません。
そもそも言葉に意味などありません。僕たちは、それほど意味や意義を背負って生きているでしょうか?
ちなみにモロイが石をしゃぶるのは、自然を手なずける為だそうです(笑)。さて、続けましょう。
次は不条理演劇の神髄とも言われる『ゴドーを待ちながら』の、台詞から。極限状態で放たれる言葉です。

いいかげんにやめてもらおう、時間のことをなんだかんだ言うのは。ばかげとる、全く。いつだ! いつだ!
ある日ではいけないのかね。ほかの日と同じようなある日、あいつは唖になった。わしは盲になった。
そのうち、ある日、わしたちは聾になるかもしれん。ある日、生まれた。ある日、死ぬだろう。同じある日、
同じある時、それではいかんのかね? 女たちは墓石にまたがってお産をする、ちょっとばかり日が輝く、
そしてまた夜。それだけだ。前進!

自分たちの生きる時代が、特別な時代であると思い込みたい人々の幻想を打ち砕く、完璧なアジテーション。
瞼を閉じれば闇の世界、瞼を開ければ光の世界が始まるように、常に僕たちは終わりながら始まる世界に
生きている。ユートピアを想わせる終末なんてやってこない。ならば残された道は、共生。それしかありません。
ひとつの終わりが、すべての終わりになるような考えを徹底して否定し続けた作家、それがベケットなんです。
不条理なんかじゃありません。繰り返しを生きる僕たちにとって、これほど真摯な書き手を、他に知りません。

そんな訳でいよいよ「終わり」が近づいてきました。冒頭で申し上げたとおり、本年度最後の更新であると同時に
『まだ寝ません』としてのラストとなります。レヴューというには情報に乏しく、日記と呼ぶには妄想過多で、
そんな胡散臭い文章を、僕はいつしか「作品」として意識するようになっていました。どんな「作品」にも終わり
があります。僕はそれを1年間と定めました。途中、挫けそうになりましたが、皆様のおかげで、なんとか今日
まで続けることができました。更に皆様からいただいた多彩なコメントによって、念願の多声性までをも獲得する
ことができたのですから、感謝の想いは尽きません。本当にありがとうございます。

今回で『まだ寝ません』は「終わり」になりますが、それは決してすべての終末を意味する訳ではありません。
この記事をアップした時点で、「終わり」ながら「始まる」もうひとつの世界が、立ち現れるでしょう。
そんな次の夜、そのまた朝が来る日まで、おやすみなさい。

みニャさま、良いお年をお迎えください。
madanemasen.jpg

サミュエル・ベケット / モロイ
サミュエル・ベケット / ゴドーを待ちながら
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありゃりゃ?「まだ寝ません。」は本当に終わっちゃうんですか?
まあ「まだ寝ません。」がこれで終わりとしても、次に現れる世界を
楽しみに待ちたいと思います。「もう起きません。」はイヤですよ!

え~

終わっちゃうんですね~・・・
次回作(?)、楽しみにしています!!

No title

ころんさん

もったいぶった文章になってしまいましたが、現在「つぎの夜」を模索中です。
ある意味ブログとしてのクオリティは下がるかも知れませんが、もう少し気軽に更新できるものにしようかと。
とは言っても、ころんさんとのエンタメ記事同盟は不滅ですから(笑)。しばしの冬眠期間中に鋭気を養って、
間違っても「もう起きません」にはならないよう、肝に銘じておきます!

meijijiさん

meijijiさんのような身近な方に読んでもらうことも、とても刺激になりました。
紙が先になるか、Webが先になるかわかりませんが(恐らく後者が先です)、
どうか「次回作」もよろしくお願い致します。
いつかmeijijiさんのお子さんにも読んでもらえるような文章を目指して…(笑)。

星間の逃亡者へ

お早いご帰還をお待ちします。

No title

え、いま角の豆腐屋さんに聞いてきたんだけど、最終回ってホントなのぉ?
やだ、繁盛亭さん水臭いじゃなぁい!
そうそう分かってるって、お借りしてたバリスター部長とかシャンガーンのCDとか等伯の画集とか返すわよ!それとほら、ELMOさんの新作出たら教えんのよ!
ベケットもちゃんと読もうと思ってたんだからぁ、やだ、嘘じゃないわよ。

……え、本当に終っちゃうんですか…?

No title

Astralさん

暖かいお言葉、ありがとうございます。
ハイテック・ジャズの旋律に乗って、ともに星間を旅した聖夜の思い出を一生忘れません(笑)。
またすぐに帰ってきます。ですので、どうか、今後ともよろしくお願い致します。
追伸、Astralさんの今年最後の記事にグッときました。これぞレヴューという感じでした。
早速、来年度の購入リストに加えたいと思います。本年は色々とありがとうございました。

questaoさん

姉さん、そうなのよ。どうやら最終回のようねぇ。でも優柔不断の繁盛亭のことだから、
「やっぱり続けるわ」とか言い出すかもしれませんわ。そうそう、そう言えば、エルモちゃんは
questaoさんとのコラボを熱望しているみたいよ。なんか一回書き終えたものを、再度はじめから
書き直してるみたいなんだけど。あっ、大事なことを言い忘れていたわ。
バリスター棒はちゃんと洗って返してね。約束よ。
・・・ということで(どういうこと?)、questaoさん、必ず復帰しますんで、待ってて下さいねー。

No title

繁盛亭アルバイテンさん、あけましておめでとうございます。

終わりそうにない終わり方ですね。

ベケットの話のようになってるじゃないですか。
良く分からないですけど。
音楽じゃなく、ベケット持って来るから、飛ばしちゃったじゃないですか。
気になるコメント数だったから、かろうじて戻って来れましたよ。

続けられる方法で続けて下さい。

ようやくワールド・ミュージックを教えていただく準備が整ってきたのですから。

謹賀新年

nakaさん

あけましておめでとうございます。
最後はベケットを紹介しつつベケットの世界に巻き込まれるという試みでした。
しかも一度は回避されたnakaさんをも呼び戻すという(笑)。ベケットの磁場は凄いですね!
いやいや、それにしても、ワールドミュージック講義を受けなければいけないのは僕の方です。
nakaさん、色々教えて下さいね。ブログも再開しますので、今後ともよろしくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。