スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いて咲かせる花もある



私の祖父は、齢80を超えて恋に落ちました。人生何度目かのトキメキがあったのだと言います。
お相手はデイ・ケアで出会ったマダム。もちろん祖父と同年代の熟女であります。
かつてはスナックを経営しておられたとかで、独特のオーラを漂わせている方でした。
祖父はひと目見た瞬間から、運命の赤い糸を感じたそうです。恋の成熟は急展開でした。
手を繋いで海遊館に行き、ひとつのソフトクリームをふたりで分け合い、観覧車から夜景を一望したそうです。
祖母が亡くなってからというもの、人前で歌わなくなった祖父が、マダムとはデュエットしたと言うから驚きです。
口を開けば「マダムは歌が上手やぁ」「マダムと○○行ってきた」「マダムは優しい女やぁ」とマダム連呼ですから、
さすがに私の母なんかは「元気なのはええんやけど・・・。何だかねぇ・・・」と嘆息しておりました。

ところが、そんな眩い日々にも終焉が訪れます。
マダムが、遠方に住む息子さんのもとに、引き取られることになったのです。
現実を受け止めきれない祖父は言いました。マダムと会えないのなら、もうデイ・ケアには行かない、と。
それから暫くして、祖父の物忘れが酷くなりました。それでもマダムとの思い出だけは、いつも鮮明でした。
祖父の日記帳には、マダムから送られてきた一枚の絵葉書が、しおりのようにして、そっと挟んであります。
「お母ちゃんも、マダムも、ええ女やったなぁ」、そう呟いた祖父の目に光り輝くものがあったかどうかは定か
ではありませんが、少なくとも祖父は元気です。とってもとっても、元気です。
日々、薄らいでいく記憶があるならば、楽しい想いをアップデートしていってほしいです。
毎日がリセットされたって、また始めれば良いんですから。な、そうやろ、じいちゃん。

そんな訳で、来月のクリスマスには、ペルーのクリオージョ音楽を祖父に聴かせてあげようと思います。
躍動的なカホンのリズムと弦楽器の絡みが色っぽい、19人のじっちゃんたちによる、ギラギラ・セッション。
いまの祖父に、これほどピッタリのアルバムは他にないでしょう。オカン、カンベンな(笑)。

LOS GUARDIANES DE LA MUSICA CRIOLLA / LA GRAN REUNION
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「青春とは心の若さである」といったのは誰でしたっけ?
そんな言葉を思い出すいい話です。

件のCD、どの爺さんもいい顔にいい声してますねぇ。
男の艶やかさとは何かと考えてしまいます。

No title

Astralさん

「青春とは心の若さである」って、素敵な言葉ですねー。誰ですか、こんな良いこと言う奴は(笑)!
祖父を見ていると、つくづくそう思います。孫としては色々と感じる部分があります。
ペルーのじっちゃんたちは本当にイキイキとした音楽を聴かせてくれますね。
老いてなお、この色気、素晴らしいと思います。
Astralさんが同時購入されていた他の盤も聴いてみたくなりました。
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。