スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活向上委員会



とある「郊外の街」に暮らす青年・オレ。
<自分自身>と<毎日>に納得いかない鬱屈を抱えていたオレは、
同じ想いを抱く仲間と出会い、そしてある計画を思いついた。それは・・・・・・街の悪を成敗する活動!


はい、ということで、福満しげゆきさんの漫画『生活』です。
僕はあまり漫画は読まないのですが、数年に一冊程度の割合で、凄まじい強度を誇る作品に巡り合うんですよ。
本書は福満さんにとっての唯一のアクション漫画ということになりますが、どうしてなかなかユルいです。
そこに、福満さんの優しさが感じられ、それによって、数多ある骨太漫画を蹴散らす強度を保っています。
もちろん地球の存亡を賭けた戦いが展開される訳でもないし、世界の終わりが告げられる訳でもありません。
あくまでも自分たちの日々の「生活」を守るための戦いが、鈍臭く展開される訳です。
緊迫感があるんだかないんだか、本気で戦ってるんだか遊んでるんだかわからないまま、ズルズルと・・・。
いまの僕たちにとって「敵」や「悪」とは何なのか? あたりまえのように繰り返す「生活」の本質とは何なのか?
福満さんは、本書を通じてそのようなことを世間に問うている・・・ようでいて実は問うていないと思います(笑)。
サミュエル・ベケット風に言うと、何が起きようとも明日には昨日と同じ今日がくるってことですね。
例え北朝鮮が愚行を重ねようとも、世界の終わりはやってこないのです。
終わらない戦い、それこそが「生活」なのかもしれません。

福満しげゆき / 生活
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。