スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♂♀の哲学



フランス書院だか何だか知らないが、世の中の官能小説なんてものは、クリシェをなぞっているばかりだ。
どれもこれも童貞の妄想という感じがして、ヌルい。ダンテやニーチェに迫るような作品はないのか!?

・・・なんて憤慨している皆様に朗報です。あるんですよ。実は。
ダンテやニーチェに肉迫するような、危ない官能小説が。とてつもなく哲学的な、性の書が。
著者は花村萬月さん。キリスト冒涜の書『ゲルマニウムの夜』で芥川賞を受賞したアウトロー作家です。
当時も随分騒がれました。「文芸ビッグ・バンだ」とか何とか言って。水嶋ヒロくんどころの衝撃じゃないですよ。
もともとエロを得意とする花村さんが、正真正銘、真正面から官能小説に挑んだのが、こちらの『♂♀』です。
読んで字の如し、まさに♂と♀の性に纏わる物語です。著者は自身の触角を用いて性の根源を詳らかにします。

陰茎は確かに欲望で硬直する反面、触角として相手の胎内を探る精神的器官として作用する側面が
強く、私は性の現場で醒めきった眼にすぎない
~という主人公の考察に端を発し、物語は性と聖を駆け巡る。

やがて美和は鎮まった。窮めつくして、虚脱した。眼から涙が伝い落ちている。
銀色の涙の痕は、蛞蝓の這い伝った痕跡にちかい。♀は蛞蝓である。涙を流す蛞蝓である。
そして♀が蛞蝓を全うするときに流すそれは感応の涙であり、官能の涙である。
私はそれを美和に伝えることができたことに心底からの満足を覚えていた。
つまり私という♂は眼なのである。眼にすぎないのである。


やがて、不埒な思索は、ある種の高みに到達します。

弱者に対する微笑みは、人類最大にして最悪の原罪である。それは断言することができる。
しかし、いまでは、なにも感じない。原罪とは、もともと持っている罪であるからこそ原罪であり、
宿罪であるので、原罪を咎めるほうが、愚かであることに気づいたのである。


どうですか、皆様。官能小説だからと言って、もうコソコソと隠れてページを捲る必要はありませんよ。
堂々と『ツァラトゥストラ』や『神曲』の間に並べてやりましょう。本当に凄い作品なので・・・。

花村萬月 / ♂♀
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。