スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノ・フェティッシュ進化論

henrik2.jpg

いま世界で最も上質なテクノ・サウンドを作り続けている才人と言えば、ヘンリク・シュワルツさんでしょう。
南ドイツ出身、現在はベルリンを拠点に活動するミュージシャン兼DJです。
ヴァイナルを中心に、ディープな自作曲をリリースしていますが、手っ取り早く彼の才能の片鱗に触れるには、
こちらの2枚のCDが最適ですね。あまりに独創的なDJミックスとライブ音源が堪能できます。

K7の名物シリーズ『DJ-KICKS』で驚きなのが、選曲の幅広さ。ありとあらゆるジャンルを横断しながら、
独自の世界観を描いてきます。ムーンドッグ、ジェイムス・ブラウン、ファラオ・サンダース、アーサー・ラッセル、
ダグ・ハモンドやマーヴィン・ゲイさえも、彼の手に掛かれば、見事なまでにテクノ色に染め上げられるのです。
既存の楽曲を解体し、ある側面のみをビルドアップさせ、まったく別の曲として生まれ変わらせる。
更にそれらをミックスすることで、誰も聴いたことがないようなサウンド・ストーリーを紡いでいく訳です。
まさに職人技と呼ぶに相応しい音芸、「テクノなんてガキの音楽」だと思っている方にこそ聴いていただきたい。

その世界観を更に発展させた『LIVE』では、前後不覚に陥りそうなほどにドープな音が降り注ぎます。
それはまるで密林のファンク・サウンド、漆黒のトライバル・テクノ、うーん、かっこよすぎるでしょ!
ムーディーマンやヴィラロボスと肩を並べる存在であることに、疑いの余地はありません。
僕はこの人こそが、ラリー・ハードの意志を継ぐ、正統な後継者であるとすら思っています。

HENRIK SCHWARZ / DJ-KICKS
HENRIK SCHWARZ / LIVE
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。