スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素顔のままで・ビギンズ



アラブ歌謡界の大ベテラン、サミーラ・サイードさんの33枚目。
リリース当時から各界で絶賛されていた作品ですが、僕的には、どうもしっくりきませんでした。
あまりにバラエティに富んだ曲想ゆえに、どこに的を絞って向かい合うべきなのかが、分からなかったんです。
しかし繰り返し聴き込んでいるうちに、こりゃとんでもないポテンシャルを秘めた傑作だなと、思い直しました。

彼女には定まったスタイルがない。そこに当初は戸惑いを隠せなかった訳ですが、それは彼女が舞台女優に
徹しているからなんですね。彼女の目的は「歌」を聴かせることであって、その為ならば、如何なる状況でも
役に入り込んで結果を残す。アル・ジールであろうが、ベルベル風リズムであろうが、欧米風バラードであろうが、
最高の歌唱力をもって、観客を魅了する。そんな彼女の「歌手」としての在りかたに、改めて感銘を受けました。
それは媚ではない。むしろ、サミーラ・サイードという無二のシンガーのコアなんでしょうね。

最後はライターの相倉久人さんの評に譲りますが、サミーラの音楽は「その音楽に詳しくない人間の前に
立ちはだかる壁を低めると同時に、その音楽との距離を逆に意識させてくれる」ということになりますね。
だからこそ、素顔のままでいて欲しかった。整形なんて必要ない。貴女のその素晴らしい歌声があれば・・・。

SAMIRA SAEED / AYAAM HAYATI
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サミーラは、これからアラブポップスを聴いてみたいと言う初心者の方にはオススメしますよ。欧米風で聴きやすいし。
湾岸のやつとかドロドロに濃い濃いアラブ音楽は壁が厚過ぎると言うか、余程アラブに興味がある人でもない限り、最初はかなり抵抗があると思いますねー、自分もそうだったから。

> 素顔のままでいて欲しかった。整形なんて必要ない。
50代になった今のサミーラよりも、30代のときのサミーラの方がオバサンでしたね。
でも、ナンシー・アジュラムは整形して正解・・・いくら歌声が素晴らしくてもあの顔じゃ売れなかったと思う。(失礼)
http://www.youtube.com/watch?v=SxvBZTBN95Y

No title

kisaraさん

このアルバムは聴けば聴くほど、好きになっていきますね。
僕はテクノやハウスは大好物なんですが、トランスが苦手で苦手で・・・。
濃厚なアラブ音楽にも果敢に挑んでおられるkisaraさんには、本当に頭が下がる想いです。
サミーラ嬢といいナンシー嬢といい、女性アーティストは何かと大変ですねぇ(笑)。
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。