スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Bike, My Life

breaking-away.jpg

スポ根、いや、チャリンコ映画の金字塔を2本。

『トップランナー』は世界最速男として名高い、グレアム・オブリーの実話を描いた傑作。
うつ病と闘いながら、アワーレコードの記録を樹立するまでの苦悩と栄光の日々。
洗濯機や子供用自転車を解体して、常識破りのチャリンコを創り上げる工程にグッときます。
そしてオブリー・ポジションと呼ばれるレース時の変態的な姿勢には、ある種のヒーロー像を想起します。
こんなにケッタイなチャリンコと選手には、そうそうお目にかかれるものではないでしょう。最高です。
幼少期にいじめられっ子だったグレアムに対して「争う手段は腕力だけじゃない」という母の言葉が沁みました。

『ヤング・ゼネレーション』は、もはや説明不要、青春映画のバイブルですね。
1979年(僕、まだ生まれてねぇ)にアカデミー脚本賞も受賞しています。まぁ、賞云々よりも、内容ですね。
まぁ、内容云々って言うよりも、本作に関しては、キャラクター造詣の素晴らしさに尽きますね。特に主人公。
チャリンコと女性のことが好きで好きでタマラナイという彼には、心の底から共感を抱いてしまいました(笑)。
すぐに影響を受けるところや、ヘタレなところも良いです。でも、彼の場合はやるときゃやる、できる子ですが。

どちらの映画も、生きている限りはペダルをこぎ続けるしかないのだという人生の真理を、見事に突いています。
チャリンコ屋の息子として生まれた僕にとっては、今更ながらに血が騒ぐのを抑えることができないのでした。

dahon2.jpg kuota.jpg

ダグラス・マッキノン監督 / トップ・ランナー
ピーター・イエーツ監督 / ヤングゼネレーション
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今は週刊チャンピオンの 弱虫ペダル がおもろいなー
茄子アンダルシアの夏 はアドレナリン出まくりやし。あとなんだっけか、ちょっとだけ自転車選手の出てくるアニメがあるんだけど、おもろいでータイトル忘れちゃたんだけど、、、

ケイデンスがあがってくと、こっちの心拍数もせりあがる気がするものなー。特にチャリンコファンじゃないんだけど、真理かー、だから目が離せなくなるのか?またこの2本観てみるわー

No title

クソメガネ先輩

どうもでーす。チャリンコ漫画って結構あるんですね。それは読んでみたいなぁ。
先輩、今度走りに行きましょう。ミニベロでタラタラ走るも良し、ロードでガシガシ激走するも良し、ですね。
ちなみに僕は昨日も55キロ走ってきましたよ。明日の歌舞伎もよろしくお願いしますー。
それにしても、クソメガネ先輩ってネーミング・・・、僕がクソメガネってことやんか(笑)。
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。