スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきもの、だもの



先日、親戚の子供たちとカラオケに行きました。
6歳の長男は「おじゃる丸」などのアニソンを、元気イッパイに歌っていました。
そして、ふたりの妹たちは、感傷的なバラードを、しっとりと歌い上げていました。
なかでも、4歳の女児が歌う「YELL」には、思わず込み上げてくるものがありました。
突然、涙目になっている僕に気づいた妻は「大丈夫?」と、気遣ってくれました。
女の子たちは、お構いなしに歌い続けます。

僕らはなぜ 答えを焦って 
宛ての無い暗がりに自己(じぶん)を探すのだろう


そうだ、僕らはなぜにそんなに焦ってしまうのだろう。
敬愛するカフカも言っているじゃないか。「焦慮は罪である」と。
女の子たちは、お構いなしに歌い続けます。

ほんとうの自分を だれかの台詞(ことば)で 
繕うことに 逃れて 迷って


まったくその通りだよ。繕うために読むのか? 本当はそうじゃないだろ?
女の子たちは、お構いなしに歌い続けます。

他の誰でもない 誰にも負けない
声を 挙げて〝わたし〟を 生きていくよと


うん。それしかないよね。僕らは「自分」を生きていくしかないんだよ。
他人と比較したって、何も解決しないんだ。わかっていたことじゃないか。
女の子たちは、お構いなしに歌い続けます。

サヨナラは悲しい言葉じゃない 
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL


とうとう僕は、彼女たちを抱きしめました。精一杯に生きろよ、楽しめよ!
後日、本家の「YELL」をYoutubeで聴きなおしてみましたが、それほど響いてはきませんでした。
やはり、歌は「いきもの」なんやなぁ、と改めて思い直した次第であります。ありがとう、子供たち。

いきものがかり / YELL
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。