スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素顔のままで

paradise.jpg

鳥居を抜ける。前から人が押し寄せる。人、人、人。どんどん押し寄せる。
みな一様におまえを指差して笑っている。ケラケラ。
なぜならおまえはおまえであって、おまえではない。自己を失う。
おまえは被っている。面を。その滑稽な火男の面を。ケラケラ。
                     
エルモ著 『BLOOD ON THE MASK』より

はい、と言うことでナイジェリアのマスクマン、ラバジャの『Sharp-Sharp』と『Paradise』です。
この手のキャラクターには、無条件で反応してしまいます。URのマッド・マイクやMFドゥーム然り、ですね。
ボクサーならパーネル・ウィテカーやナジーム・ハメドがそうですが、連中のトリッキーな佇まいが素敵です。
まるで漫画の世界からそのまま飛び出してきたような風貌やファイト・スタイルに、僕の幼児性が鷲掴みされます。
肝心の作品についてですが、ラバジャに関しては、やっている音楽性も漫画みたいです(笑)。
ヨルバのドゥンドゥン・ミュージックなるものをアフロ・ジャズ化したサウンドを基調としているらしいのですが、
そこからの飛躍が自由すぎます。アフロビートはもちろんのこと、ハイライフやジュジュ、フジやアパラ、そして
衝撃のサルサを披露したかと思えば、ヘタクソなラップまで飛び出す始末。リスナーをズッコケさせたまま、
容易に立ち上がらせてはくれません。濃密なパーカッション・アンサンブルを聴かせつつ、淑女も濡れるであろう
18禁のバラードを真剣に奏でたりもするんですから、そりゃもう、しっちゃかめっちゃかで、最高ですよ。

ころんさんが「歌手はアーティストではなく、芸人である」という名言を残しておられますが、
ラバジャこそが音楽界のR-1グランプリ王者に相応しい男だと、僕は思います。本当に最高、大好きです。

↓マスクマン三連打(左からLágbájá! 、DOOM、MADMIKE)
Lagbaja!.jpg doom.jpg mike.jpg

Lágbájá! / Sharp-Sharp
Lágbájá! / Paradise
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。