スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア戦線異常あり!



走り出したら止まらないのがキアヌ・リーヴスの乗ったバスであり、
やめられない止まらないのがカルビーのカッパ海老せんであるならば、
歌い出したらキリがないってのが、シリアの暴走特急オマール・ソウレイマンである。

リミット知らずのスピード感は、もはやテクノの領域と言っても過言ではない。
ハード・ミニマル全盛時のジェフ・ミルズが、勢いそのままに砂漠にまで到達したかのようだ。
モロッコのレッガーダやスタイフィとの同時代性や共通項を見出すことも可能だが、
こちらは更に肝が据わっていると言うか、ドンギマっていると言うか、ヤクザな感じである。

縦横無尽に飛び交うパーカッションやドラッギーなシンセサイザーの音。
それらを迎え撃つ、オマール兄貴の豪放磊落なアジテーション。
暑苦しいにも程があるハードコア・テキ屋スタイル。
ライブゆえの昂揚感も凄まじい。
文句なし、2010年上半期のベスト1。

ちなみにリリース元は悪名高き(?)サブライム・フリークエンシーズ。

OMAR SOULEYMAN / JAZEERA NIGHTS
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。