スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の覚悟



間もなく映画が公開される『東京島』。
自分は桐野夏生さんのファンなので、一足先に原作で楽しませていただきました。

平凡な中年夫婦が海難事故に遭い、無人島に漂着する。
そこに23人の青年たちと11人の中国人も、同様に流れ着く。
夫はほどなく亡くなり、ヒロインである妻は、島でたったひとりの女であるが故に、
男たちにセックスを望まれ、次第に驚くべき変貌を遂げていく。

覚悟を決めた女の覚醒する様が、例によって、脅威の想像力で描かれている訳です。
さて、話は飛んでイスタンブールですよ、みなさま。
あのレコ・オヤジさんをして「才色兼備」と言わしめるほどの才女シェヴァル・サムもまた、
2年ぶりの新作に於いて、並々ならぬ決意を固めたようであります。

なんてったって、シェヴァル姉さん。
アラベスクの黎明期(70年代)に活躍したスター歌手たちの楽曲に、果敢に挑んでいますから。
とは言っても、J-POP界で流行しているような、自らのアイデア枯渇を隠蔽するための安直な
カヴァー集とは一線を画しています。これは勇敢な挑戦であると同時に、
水面下で進行する文化の欧米化に抗うための、一種のルーツ探索事業であるような気がします。

徹頭徹尾、骨の髄まで、何処を切っても、見事なまでにアラベスク=アラブ風。
煌びやかなストリングス。軽快なダルブッカ。噎び泣くウードとサズ。
純度100%のアコースティック・サウンドに滲む、女の粋。
最近の女性ボーカル物の中では、出色の完成度ではないでしょうか。

SEVVAL SAM / HAS ARABESK
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。