スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear Mano Cesaire

malavoi2.jpg

親愛なるエマニュエル・セゼールさま

拝啓
僕はいま、1960年代にアナタが結成されたバンドの初期音源を聴いています。
僕が生まれるずーっと以前に、こんなにもステキな音楽が鳴っていたなんて!
アナタが率いる美しいストリングス・アンサンブルにうっとりと聴き惚れ、
躍動的なパーカッションやピアノの演奏に、心が弾みます。

そして昨年末、アナタのバンドの新しいアルバムが発表されましたね。ご存知ですか?
アナタもポロ・ロジーヌさんもいなくなっちゃいましたけど、アナタたちの精神は見事に
受け継がれているようです。信頼のリズム・セクションもバッチリですよ。
久しぶりに戻ってこられたラルフ・タマールさんも、包容力のある素晴らしい歌声を
聴かせてくれました。そんな作品を、今度こそリアルタイムで聴くことができた喜び。
それをどうしてもアナタに伝えたくて、一筆したためた次第であります。

だから、安心してください。
アナタはアナタのヴァイオリンで、天国の住人を癒してあげて下さいね。
マラヴォワは、カリブ海の、いいえ、世界の宝だと思っています。
                                              敬具                     

MALAVOI / MANO ET LA FORMATION
MALAVOI & RALPH THAMAR / PEP LA
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。