スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い暴動

rango2.jpg

エジプトに住むスーダン移民にとってのリーサル・ウェポン、ランゴ(鍵盤打楽器)。
そいつを中心に据えて結成された楽団、その名もずばり、ランゴ。

こいつは凄ぇ・・・でございますよ。
快楽原則に基づく原始のリズムが、こちらの脳みそに直接的に響いてくるんです。
入魂のランゴ乱れ打ちに追従するのは、リュート系弦楽器とエレクトリック竪琴シムシミヤ、
そして、殺虫剤の空き缶に貝殻をブチ込んで作られたという貧者のシェイカー。

空間的に配置されたそれらのトビ音が、容赦なくこちらの身体に襲い掛かってきます。
宗教や文明や思想といった、まどろっこしいシガラミを力技で突破する衝撃トランス音楽。
こりゃあ、200X年型の黒い暴動でしょう!

*右のジャケ写が最終兵器ランゴです。ちなみに本作は妻のCD棚から拝借しました。

RANGO / BRIDE OF THE ZAR
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

RANGO、気になっていました。
「快楽原則に基づく原始のリズム」、「衝撃トランス音楽」、「200X年型の黒い暴動」、
じつにゾクゾクしてくるフレーズです。
…え、これ奥さまのCDなんですか!? 
羨ましくも凄まじいご夫婦です。

No title

questaoさん、おはようございます。
こちらはqueataoさんのハートを狙い撃ちするであろう、黒い音楽ですよ。
あれです、コノノNO1や高円寺周辺で結成されたフライング・リズムスなんかに近い感じです!
うちのワイフは、この手のプリミティヴなサウンドに惹かれるようなんです。
グナワにも血が騒ぐと言っていました(笑)。僕は草食系四畳半フォークに傾倒しているのに。
昨日タワレコに『M'Bemba』を探しに行ったんですが、残念ながら品切れでした。
アマゾンに注文しよーっと!
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。