スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシ喰うな!



自宅付近の路上で、若いお母さん連中が世間話に花を咲かせていた。
ひとりのお母さんは自転車に跨っていて、その荷台には五歳くらいの男の子が乗っていた。
男の子は、手にしたチョコやスナック菓子を次々と口に運んでいる。
で、ひとつ食べ終わる毎に、包み紙などのゴミをポイっポイっとその場に捨てるのだ。
堂々たる捨てっぷりである。まるで、地球そのものがゴミ箱であると勘違いしているかのような。
母親は「やれエグザイルがどうのこうの、やれ東方神起がどうのこうの」といった会話に夢中。
息子の行為を咎める様子は微塵もない。やれやれ・・・面倒な現場を目撃してしまったものだ。

そうこうしている間にも、自転車の後部車輪を囲うようにして、極彩色のゴミの花が咲き乱れていく。
こりゃイカン、とアルバイテン。終始、口元をクチャクチャさせている男の子に、一声かけた次第。
「やい、ボクちゃん。ゴミはゴミ箱に捨てなさいよ」
すると、そのボウズ。口の中でクチャクチャさせていた物体を、私の足元に吐き出しやがったのである。
アスファルトに貼りついた合成着色料まみれのガムが、毒々しさを以ってこちらを威嚇してくる。
エグザイルや東方神起に現を抜かしていた母親までもが、不意に殺意のこもった眼差しを向けてきた。
挙句の果てには、以下のような言葉を、無条件で拝聴するに至る。
「うちの子がゴミをどうしようが、アンタには関係ないやろ!」

怒りがピークに達した私は、母親の頬を往復ビンタし、クソガキの脳天に頭突きを喰らわせた訳ではなく、
平静さを取り戻すために、ひとまず、その場から距離を取ることにした。挑発には乗らない主義なのだ。

数分後、ふたたび現場を通り過ぎようとした私の目に飛び込んできたもの。
それは、ひらひらと風に舞う大量のゴミ屑。すでに親子の姿は、なかった。
「ポイ捨てするなら、菓子喰うな!」

INU / メシ喰うな!
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。