スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Music of the Decade

moodymann.jpg dilla2.jpg amy.jpg
mia.jpg yurayura2.jpg ecd.jpg chicos.jpg
origines.jpg robot.jpg

当ブログ開設以来、今回で100回目の更新となりました。パチパチパチー!
それを記念して、自分なりにゼロ年代の音楽ベスト10を選出してみました。
一聴するだけで、時代の息吹を感じることができる作品をチョイスです。どうか、お手柔らかに。

1.Villalobos / Fizheuer Zieheuer
 荒野に放たれた荘重なるスカしっ屁。ここから景色が変わり始めたことは確か。

2.MOODYMANN / Black Mahogani
 近年、最もセクシャルで独創的なブラックミュージックを奏でた男。黒人音楽の煌めく核心。

3.J DILLA / DONUTS
 常軌を逸したサンプリング・コラージュ集。グーグル・マップの裏側に鳴るサウンド・トラック。

4.AMY WHNEHOUSE / BACK TO BLACK
 ローリンともビヨンセとも異なる、まったく新しいヒロインの登場。女版オーティス・レディングか?

5.M.I.A. / ARULAR
 00年代に於けるポップの革新者。各地の辺境音楽を掻き回した実績は、あまりに大きい。

6.ゆらゆら帝国 / 空洞です
 時代の空気を誰よりも的確に描写したサイケデリック・ロックバンド。突然の解散もある意味、納得。

7.ECD / FINAL JUNKY
 持たざる者たちを炊きつけ、鼓舞する音と言葉。曝け出すことのカッコ良さとカッコ悪さを証明。

8.CHICOS DE BARRIO / PUROS VATOS ... CHOCA Y REBOTA !
 デジタル化の波に乗って人気が再燃したクンビア。こちらのチンピラは頑固一徹オールド・クンビア。

9.ORIGINES CONTROLEES feat. Mouss et Hakim / CHANSONS DE L'IMMIGRATION ALGERIENNE...
 伝統あるアルジェリア歌謡の数々を現代版にアップ・デート。歌に託された想いを、知る。

10.ROBOT PERCUSSION / INNOVATIVE JAIPONG
 アジアの路上から届けられた熱気溢れるチャカポコ演奏。温故知新も00年代の重要なトピック。

以上、繁盛亭アルバイテン的「Music of the Decade」でした。
音楽は必ずしも普遍的である必要はないと思っています。
創造と消費を繰り返すことで、新しい「何か」が生まれてくるのでしょう。次の10年も楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

100回目の更新、おめでとうございます!
素晴らしいハイペースで更新されてますね~。
今後も楽しみにしております♪

ゼロ年代ベスト10、一枚も聞いたことが無いブツ
ばかりですが、何だか実に興味深いですね。特に
1、4、5、9辺りは非常に気になります。機会があれば
是非ゲットしたいと思います。

ワタクシも真似して、700回記念の際はゼロ年代の
ベスト10でも選んでみようかな~。

No title

ころんさん、ありがとうございます!
妄想&ハイペース更新は、ころんさんを見習ってのことであります!

今回はワールド系よりも、ややポップ寄りのセレクトになりました。
ころんさんの嗅覚ならば、きっとどれも中古屋で探り当てることが可能だと思います。
その際は、是非とも手にとってみてくださいね。

ころんさんの「Music of the Decade」が気になります!
楽しみにしておりますので、何とか実現を~!。

No title

なんかゼロ年代的にアッタラシー感じですね。この10枚。
僕も同企画やりますよ。近々。
今、リストアップしてるところです。まったく重なりませんが・・・。
乞うご期待!ってもんでもないですね。

No title

Astralさん、こんばんはー。コメントありがとうございます。
古い音楽はもちろん素晴らしいですが、それと同じくらい、
現在進行形で何とか面白いモノを 捻り出してやろうと
企んでいる連中の音楽に惹かれます。
Astralさんの企画もめちゃめちゃ期待してますよ!楽しみです。

余談ですが、いまDOMMUNEでマシュー・ハーバートが
とんでもないDJプレイをやらかしてくれてますよ!!!!!!!!!カッコイイ!!!!です!!!

No title

ハイスピードの100回更新、おめでとうございます!
「Music of the Decade」、面白い企画なうえ、繁盛亭アルバイテンさんらしいレンジの広い10枚ですね。
このうち僕が聴いたものは2、3枚しかないのですが、VillalobosやMoodymannあたりはチェックすべしでしょうね。
"音楽は必ずしも普遍的である必要はない"、また名言が飛び出しましたよ。
この企画ごとこっそりパクらせてもらいますね。
今後もひりひりエッジな「まだ寝ません。」に期待しております。

No title

questaoさん、嬉しいお言葉、ありがとうございます。
アレとブログ更新はハイスピードが身上のアルバイテンでございます(笑)。

ゼロ年代のベストは、我ながらとっちらかったチョイスになりました。
呼吸するように日々、吸収した音楽たちであります。
questaoさんの「Music of the Decade」も期待しない訳にはいきません。
きっと、噎せかえるようにドス黒く、ファンキーなチョイスでしょうね!
すっごい楽しみです。これからもよろしくお願い致します。
プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。