スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぎの夜へ

godot.jpg

2010年最後の更新になります。ラストを飾ってもらうのは、この2冊しかないと思っていました。
20世紀最大の傑作、サミュエル・ベケットの『モロイ』と『ゴドーを待ちながら』です。
僕のこれまでの人生に於いて、最も重要な2冊であり、生涯かけて追いかけることになるであろう作品。
詳細には立ち入りません。なぜならベケットの言葉を読むことでしか、本書の魅力は伝わらないからです。
さっそく本文からの引用を読んでいただき、溜飲を下げていただきましょう。まずは『モロイ』から。
モロイが海岸で拾った16個の石を、重複することなくしゃぶろうとして、四苦八苦するシーンです。

そこでぼくは別の方法を探しはじめた。まず手はじめに、一つずつの代わりに、四つずつ動かしたほうが
いいではないかと考えた、つまり吸っているあいだに、外套の右ポケットに残っている三個の石を手に取って、
その代わりにズボンの右ポケットの四個を入れ、またその代わりにズボンの左ポケットの四個を入れ、
またその代わりに外套の左ポケットの四個を入れ、そして最後にその代わりに外套の右ポケットの三個と、
吸い終わってまだ口のなかにある一個とを入れるのである。

このような試みが、改行も無しに、永遠と続きます。戸惑いを隠せない方も、いらっしゃるでしょう?
これらの表現に何の意味があるのか? 何かの比喩なのか? そもそも何が面白いのか?
しかし、このシーン、この描写が、ベケットと言葉の関係を如実に物語っているのです。
常に神の視点に立って、物語をコントロールすることばかりが、作家の仕事ではありません。
そもそも言葉に意味などありません。僕たちは、それほど意味や意義を背負って生きているでしょうか?
ちなみにモロイが石をしゃぶるのは、自然を手なずける為だそうです(笑)。さて、続けましょう。
次は不条理演劇の神髄とも言われる『ゴドーを待ちながら』の、台詞から。極限状態で放たれる言葉です。

いいかげんにやめてもらおう、時間のことをなんだかんだ言うのは。ばかげとる、全く。いつだ! いつだ!
ある日ではいけないのかね。ほかの日と同じようなある日、あいつは唖になった。わしは盲になった。
そのうち、ある日、わしたちは聾になるかもしれん。ある日、生まれた。ある日、死ぬだろう。同じある日、
同じある時、それではいかんのかね? 女たちは墓石にまたがってお産をする、ちょっとばかり日が輝く、
そしてまた夜。それだけだ。前進!

自分たちの生きる時代が、特別な時代であると思い込みたい人々の幻想を打ち砕く、完璧なアジテーション。
瞼を閉じれば闇の世界、瞼を開ければ光の世界が始まるように、常に僕たちは終わりながら始まる世界に
生きている。ユートピアを想わせる終末なんてやってこない。ならば残された道は、共生。それしかありません。
ひとつの終わりが、すべての終わりになるような考えを徹底して否定し続けた作家、それがベケットなんです。
不条理なんかじゃありません。繰り返しを生きる僕たちにとって、これほど真摯な書き手を、他に知りません。

そんな訳でいよいよ「終わり」が近づいてきました。冒頭で申し上げたとおり、本年度最後の更新であると同時に
『まだ寝ません』としてのラストとなります。レヴューというには情報に乏しく、日記と呼ぶには妄想過多で、
そんな胡散臭い文章を、僕はいつしか「作品」として意識するようになっていました。どんな「作品」にも終わり
があります。僕はそれを1年間と定めました。途中、挫けそうになりましたが、皆様のおかげで、なんとか今日
まで続けることができました。更に皆様からいただいた多彩なコメントによって、念願の多声性までをも獲得する
ことができたのですから、感謝の想いは尽きません。本当にありがとうございます。

今回で『まだ寝ません』は「終わり」になりますが、それは決してすべての終末を意味する訳ではありません。
この記事をアップした時点で、「終わり」ながら「始まる」もうひとつの世界が、立ち現れるでしょう。
そんな次の夜、そのまた朝が来る日まで、おやすみなさい。

みニャさま、良いお年をお迎えください。
madanemasen.jpg

サミュエル・ベケット / モロイ
サミュエル・ベケット / ゴドーを待ちながら
スポンサーサイト

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

Duende

dd.png

僕のワイフちゃんが、手づくりソープのWEBショップをOPENしました。
我が家では、数年前から妻手製の石鹸を使用しています。
手づくりなんで見た目はアレですが、お肌はスベスベ。

どうぞ『Duende』をよろしくお願い致します。

テーマ : 日用品・生活雑貨
ジャンル : ライフ

貴女の笑顔が見たいから



嗚呼・・・、ため息が漏れるほどに美しい。下ネタで汚れきった心が、浄化されるかのようです。
御年75歳の歌声とは、とても思えません。いかなるものにも束縛されない声とでも言いましょうか?
歌声そのものが、和平を願うアラブの心を体現しているかのように、穏やか。喜怒哀楽を超越しています。
そんな女神の歌声に寄り添い、吐息を絡めるのが、息子さんの手がける静謐なプロダクションなんですが、
ジャズへのアプローチも垣間見せるアーバン・ポップな展開で幕を開け、次第にジャンル名「フェイルーズ」
としか言いようがない独自の境地へと、ゆっくりと羽ばたいていきます。これほどの親孝行があるでしょうか?
誰よりも母のことを理解する息子が、母の歌を世界に響かせるために、最高のクオリティを誇る楽団を率い、
アラブ歌謡そのものに改めて魂を吹き込むかのような音を精製するんですから、やはり他とは格が違います。

フェイルーズさん、息子さんの為にも長生きしてくださいね。
そして、いつしか中東に平和が訪れることを願っています。
だって、貴女の笑顔が見たいから・・・。

FAIRUZ / EH FI AMAL

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

脅威のザーメン・ブギー



当ブログに何度か登場している学生時代の親友T君の性癖について、一筆したためておこう。
T君には風変わりな収集癖があり、それは例えば自身の爪や瘡蓋であったりする訳なのだが、
究極は、自慰行為によって外界に放出された精液を、牛乳パックにて保存するというものである。
そうすることによって彼は、受精という目的を果たせなかった分身たちの行く末を、見守っていたのだ。
だが、あるときT君はしくじった。精液を補充しようとした際に、局部先端が牛乳パックの口に触れてしまう。
そして、瞬く間にT君の局部は腫れ上がった。さらには薄皮がベロンベロンに捲れて、それはもう悲惨だった。
以来、T君は精液コレクションを手放した。いまでは美しい奥さんとの円満な家庭を築いているとのことである。
真っ当な道を歩んでおられる方々は、理解に苦しむだろうが、これが現実である。人間とは不可解な生き物だ。

さて、ここらでサンフランシスコ出身のゲイ・カップル、マトモスの通算6枚目のアルバムの話題へと移ろう。
本作はヴィトゲンシュタインや、ラリー・レヴァン、三島由紀夫・・・といった人物をテーマに制作されている。
ひとりの人物に対して一曲というコンセプト・アルバムである。曲調も多様。と言うよりは取り止めがない。
しかし、侮ってはならない。企画倒れのイロモノなんかじゃない。緻密に作りこまれた極上の変態ポップなのだ。
もともと偏執狂的なサンプリング・コラージュを得意とするマトモスだが、本作でも彼らの嗅覚は冴え渡っている。
なんたって、自慰行為によって外界に放出された精液が床に付着する際の音を採集し、それをSEに用いたり、
セックス時に男女の局部が擦れ合う音をループさせ、スカムなブレイクビーツと混ぜ合わせている。
そんな精液哀歌で美声を響かせるのは、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズのアントニー・ヘガティである。
まったくもって、吐き気を催すほどにデカダンス! 他にも、蝸牛にテルミンを演奏させたりもしてる(笑)。
真っ当な道を歩んでおられる方々は、理解に苦しむだろうが、これも音楽である。音楽とは不可解な行為だ。

MATMOS / THE ROSE HAS TEETH IN THE MOUTH OF A BEAST

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

マリの至宝、伝説の光

mbemba.jpg

小屋の片隅に、気配がある。藤編みの籠の中に、その子の気配は。
この世に生を受けたばかりの、あらゆる面に於いて未満の、未成熟の赤子。
赤子の母親は、黒い肌。父親も黒い肌。一族は黒い肌。しかし、赤子の色彩は。
色彩は、白。眩いほどの白。頭頂には銀色の髪。厳密には白ですらない。赤子には、ない。
色彩が。生まれながらにして、赤子にはあるべき色彩が、ない。それは極めて美しい欠色=アルビノ。
赤子は母親を求めて、泣き声を上げた。その声は、小屋を震わせ、村中に響き渡る。村人たちの手が止まる。
母親は瞳に涙を浮かべて、赤子を抱き上げた。無色の我が子、奇跡の声を持つ欠色の男児、サリフ坊を。

僕に上記のような妄想を紡がせてしまうほどに素晴らしい歌声を持つ、マリのシンガー、サリフ・ケイタ。
恥ずかしながら、彼の作品は、世紀の傑作と名高いソロ・デビュー作の『ソロ』しか聴いていませんでした。
で、今年に入って、ようやく05年の『ムベンバ』を購入するに到ったのであります。きっかけはquestaoさん。
尊敬する兄貴、questaoさんが、サリフの『ムベンバ』をディケイド・ベストに選出しておられた訳ですよ。
結論から言いますと、いままで聴いてこなかったことを後悔しましたね。壮大なスケール感と圧倒的完成度。
『ソロ』で聴けた鋭利な歌声に、円熟味が加味され、包容力のようなものまで感じさせてくれます。
アコースティックな伴奏や多彩なコーラス・ワークも非の打ち所がなく、これこそアフリカ音楽に於ける洗練の
極みではないかと。まさにマリの至宝、伝説の光と呼ぶに相応しい歌い手ですね。questaoさん、おおきにです。

SALIF KEITA / SORO
SALIF KEITA / M'BEMBA

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

繁盛亭アルバイテン

Author:繁盛亭アルバイテン
ヒッピー・ボヘミアンな生活に憧憬を抱く浪速のポンコツ。
物心ついたときから寝つきが悪い。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。